関節痛に効果抜群のサプリメント探し!セルフケアが今後の鍵を握る

多彩な栄養素を含む原料

サプリ

ミドリムシは栄養素として動植物のメリットを兼ね備えたものです。特に、免疫力のアップが注目されており、季節性の感染症の予防法として効果的なアイテムです。また、ミドリムシのサプリは目的ごとに加工法や含有成分が異なるので、最適な製品を見極める知識が要求されます。

もっと見る

様々な栄養素を持つ成分

緑の粉末

ユーグレナが注目されているのは多くの栄養素が含まれているからで、特有の成分には体内の油などを吸着して排出する働きがあります。ユーグレナを主成分としたダイエットサプリは、定められた摂取量を守って飲むことが大事です。

もっと見る

40代、50代の女性に

ドラッグ

エクオールは、大豆イソフラボンが腸の中で進化した成分です。日本人の約半数は、大豆をエクオールに変換できないとされています。そして、このエクオールをサプリメントで摂取すれば、更年期障害の軽減、骨粗鬆症予防、美肌やダイエットなどの美容効果が期待できます。40代、50代の女性に注目の成分です。

もっと見る

セルフケアの重要性

シニア夫婦

サポーターや食品の活用

体が冷えると膝の関節痛に悩まされる人も少なくありません。関節痛を軽減させるためには、患部を冷やさないようにすることが大切です。例えば膝のサポーターを装着するのも一つの方法です。サポーターを装着するときには、きつくて圧迫感があるものは避けて、フィット感があるものを選びましょう。またサポーターの中には、使い捨てカイロと一緒に使えるものもあり、使い方によって膝の冷えを緩和させることもできます。またサプリメントを使って、体の中からも膝の関節痛を抑えることができます。グルコサミンとコンドロイチンが配合されたサプリメントを活用して、軟骨成分を補充し関節痛を緩和させてみると良いです。またグルコサミンを摂取するときは、アレルギーに注意して選ぶ必要があります。

コンドロイチンの働き

関節痛にもいくつか種類があり、激しい痛みや高熱を伴う場合は医療機関の受診が勧められます。また痛みが慢性化してじっとしていても痛かったり、歩行に支障をきたしたりする場合も、医療機関の受診が勧められます。一時的で激しい痛みでない場合は、セルフケアで様子を見ることができます。関節の周りを温めたりサプリメントを活用したりすることで、症状が軽減されるようであれば様子を見ることができます。関節痛に対するサプリメントとしては、コンドロイチンやグルコサミンがあります。とくにコンドロイチンは、軟骨の弾力性や保水性を高めることで関節痛を軽減させることができるため、多くの人が活用しています。またこれらの成分と併せて、ビタミンB1やB12、ビタミンEを摂取するとより効果的です。セルフケアが今後の鍵を握るでしょう。